ぢぃぢとばぁばと柴犬蘭子の物語


by heikuro08
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

高齢者講習

b0135970_134724.jpg
b0135970_13472278.jpg

自動車の高齢者講習を受けた。
惨憺たる成績。自分がこんなに下手だったとはついぞ思ったことはなかった。
尤も、身体をこわして4日間寝ていた中の3日目のことで、ふらふらしながら受けたものだから無理もないと、自分で言い訳している。
せっかく治りかけていたのが、帰ってきたら熱がぶり返し、又寝込んでしまった、
原因不明の高熱と下痢、嘔吐が土曜日の朝から続き、正露丸、改源、太田胃酸と我が家にある常備薬を全部のんで、下痢と嘔吐は止まったが、熱が下がらない。
月曜日になって医者が開いたので診てもらった。
安静にしていなさいと言われたが、予約の講習なので断ることの嫌いな平九郎はそのまま
出かけた。
帰ってから、もらってきた座薬の解熱剤を尻の穴へ突っ込んだ。
「座薬」とは、座って飲む薬かと思っていた平九郎は不明に恥じ入るばかり。

高熱にうんうん言っていても、蘭子はおかまいなしに布団へ入ってくる。
「可愛い奴じゃのう」と言いながら、平九郎は布団を上げて入れてやる。

安静と治療の甲斐あって、今朝の散歩から私の当番となり、畑にも顔を出しました。
すべて芽が出て順調に育っているようです。
お騒がせしました。
[PR]
by heikuro08 | 2013-10-03 14:00 | 飼主平九郎の一言