ぢぃぢとばぁばと柴犬蘭子の物語


by heikuro08
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ぢいぢとばあばと柴犬の物語 ----プロローグ-----

ブログ開設者から一言

この物語は15年後にクライマックスを迎える。(予定である)
なんとも気の長いことではあるが、お付き合い願いたい。
その間には、天寿を全うされる方もお見えになることだろうし、かく言う私も15年経てば、生涯予定年齢を2年ほどオーバーしているのだから、全うしたとしてもあちらの住人になっていて全然おかしくは無い。

先ずこの物語を始めるにあたって、私事を少々披露せねばならない。
私は現在67歳の年金生活者、身体はいたって健康とまではいかないにしても、命に別状あるような状態ではない。
妻は61歳、こちらはいたって健康である。

この老夫婦が、これから柴犬を飼おうと言うのである。
柴犬の寿命は長くて15歳くらいらしい。
生まれたばかりの子犬でも、15年経てば人間年齢で80歳に相当するようになる。
と言うことは、15年後には私たちと犬の年齢が同じになると言うことである。

こういう事を理解していただいて、このブログを読んでいただければありがたい。

なお、次回以降は柴犬蘭子からの一言として、掲載の予定である。
[PR]
by heikuro08 | 2008-04-08 16:31 | 飼主平九郎の一言