ぢぃぢとばぁばと柴犬蘭子の物語


by heikuro08
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お転婆の面目躍如

b0135970_10343515.jpg
b0135970_10345178.jpg
b0135970_1035696.jpg
b0135970_10351973.jpg

私は蘭子、お転婆蘭子
今朝ぢぃぢが起きてきて、顔を洗うところまでは機嫌が良かったんだけど、その後、居間に入ってきて、この畳を見たら途端に雷が落ちてきた。
そして首輪を掴まれて、畳に頭をこすり付けられて、お尻ペンペンとやられてしまった。
だってぢぃぢはあまり遊び相手になってくれず1日中2階にいて、時々しか下りて来ないんだもの、私はひとりで遊びを見つけてひとりで遊ばなきゃいけないし、同じところに繋がれていて、あまり面白い遊びもなくて、いけないらしいとは少しはわかっていたんだけど、カミカミしているとだんだんほつれて来てそれが又面白くやめられなくてこんなになってしまったの。
今日はばぁばが旅行から帰ってくる日で、ぢぃぢはばぁばが帰ってくるまでこのままにしておくと言っている。
ばぁばが見たら又雷が落ちるだろうなぁ。
困った、困った。

[PR]
by heikuro08 | 2008-10-14 10:38 | 柴犬蘭子の一言