ぢぃぢとばぁばと柴犬蘭子の物語


by heikuro08
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ハーネスをつける

b0135970_13355435.jpg
b0135970_13361881.jpg
b0135970_13363230.jpg
b0135970_13364735.jpg
b0135970_13371352.jpg
b0135970_1337309.jpg
b0135970_13374314.jpg

私は蘭子、お転婆蘭子
生まれて始めてハーネスなるものを付けた。
必死で抵抗したがこれを付けないと散歩に連れてゆかないと言うから仕方がない。
思ったとおり背中がごにょごにょして気持ちが悪い。
ブロック塀なんかにこすり付けるとがさがさ音がする。
それでも散歩に連れて行ってもらえるだけ良いか。
おやつのジャーキーは少し多めに貰えた。それなら我慢しても良いかも。

[PR]
by heikuro08 | 2009-01-25 13:38 | 柴犬蘭子の一言

大寒

b0135970_1618745.jpg


私は蘭子、お転婆蘭子
今日は大寒、毛布をかけてもらって昼寝。

[PR]
by heikuro08 | 2009-01-19 16:19 | 柴犬蘭子の一言

起床係

b0135970_950293.jpg

平九郎から一言。
2階へ上がれるようになってから、蘭子は毎朝私を起こしに来る。
私は襖を少し開けて蘭子が部屋へ入れるようにしておく。
廊下を歩くチャッチャッという音を聞いて私は布団にもぐりこむ。
蘭子は部屋に入ると、早く起きろと云うように、布団の上から私を踏みつける。
私が布団から顔を出すと、顔中舐めまくる。
私は“降参、降参”と言いながら、始めて目を覚ましたようにして起きだす。

今朝は、待っていてもなかなか上がってこなかった。
仕方なく私は着替えをしてひとりで下りてゆくと、蘭子はストーブにへばりついていた。
“そんなにストーブにばかりへばりついていると、猫になってしまうぞ”と、私は蘭子を叱った。
それからばぁばにあまり早くからストーブをつけるなと云った。

蘭子のひとこと。
“だってぇ・・・・寒いんだもん”

[PR]
by heikuro08 | 2009-01-11 09:53 | 飼主平九郎の一言

おめでとうございます

b0135970_165388.jpg


新年おめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。
蘭子もおせちを頂きました。

[PR]
by heikuro08 | 2009-01-01 16:06 | 柴犬蘭子の一言